顔のたるみを取る化粧品|お肌のハリを取り戻したい方へ

■顔がたるむメカニズムと必要な事

 

風船の空気が抜けてくると、だんだんシワしわになってきてたるんだようになります。

 

実はこの原理は、人間の皮膚と似ていて、肌内部の保湿成分や、弾力性の成分が減ってくるからしわになり、たるみになります。

 

風船でいうと、空気に当たる部分が人の肌では、「保湿成分」や「ハリ・弾力成分」になります。

 

ですから顔のたるみを改善するためには、肌の「保湿成分」や「ハリ・弾力成分」を増やすことが必要になります。

 

■保湿成分やハリ・弾力成分|具体的には何?

 

なかなか見分けがつきにくい、保湿成分とハリ・弾力成分ですが、何が違うのでしょうか?以下に簡単にまとめます。

 

・保湿成分とは?
肌の水分量に関係がある成分で、具体的には「セラミド」「ヒアルロン酸」「天然保湿因子(NMF)」等がそれにあたります。

 

・ハリ、弾力成分とは?
肌のハリや弾力に関係がある成分で、具体的には「コラーゲン」「エラスチン」がそれにあたります。

 

大きく分けると、コラーゲンやエラスチンも保湿成分ですが、肌に対する作用が異なるので、本記事では分けています。

 

■普通に配合されているだけではダメだということが分かってきた。

 

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン等が配合されている基礎化粧品は世の中に山ほどありますが中にはあまり効果がないものもあります。効果があるものとないもの、その違いは何なのでしょうか?

 

・効果の決め手は浸透力

 

ヒアルロン酸、コラーゲン配合の化粧水を使った後、肌がベトベトした経験はありませんか?

 

肌がしっとりベトベトしているわけですから、何となく効果があるように感じてしまいますが、実は、これはヒアルロン酸やコラーゲンが肌表面にとどまって、浸透していないことが原因です。

 

保湿成分やハリ成分はしっかりと、肌の角質層に浸透させることが大切で、成分の浸透力がないと、あまり効果がないのです。

 

■基礎化粧品選びのコツ

 

たるみを改善するためには、コラーゲンやセラミド等の成分が入っていることが大切ですが、その浸透力にも注目してください。

 

最近では、浸透力が高いナノコラーゲンやナノセラミド等、浸透力の高さを謳っている基礎化粧品も出てきましたので、そういったものの中からあなたの肌に合うものを選んでみましょう。

 

【関連記事】

浸透性が高い保湿成分を配合|オススメ基礎化粧品ベスト3

 

 

 

 

 

 

顔のたるみの悩み
鏡を見ると顔の輪郭がぼやけてきている、ほうれい線が目立ってきた、ブルドック顔が気になるこのような悩みをお持ちの方も多いと思います。顔のたるみを取り除くには、基礎化粧品でのスキンケアが基本です。まずは日々のスキンケアをしっかりと行い肌のハリを取り戻しましょう。
顔のたるみの原因と対策
年齢を重ねるとだれもが顔のたるみを感じます。でも年だからといって何もせずに過ごすとたるみが増長し、近い将来たるんだお肌を鏡で見てますます後悔することにもなりかねません。そもそも顔のたるみの原因は、いくつかありますが、その一つは、顔の筋肉が衰えた事にあります。表情筋のトレーニングなどを行い筋肉を鍛えましょう。もう一つの大きな原因は、肌内部のコラーゲンが減少したことや質が劣化したことにあります。コラーゲンの変化はそのままお肌のハリに影響しますので、基礎化粧品でコラーゲンケアをすることが大切です。基礎化粧品でコラーゲンの生成をサポートすることにより、顔のたるみを改善することができます。