たるんだ毛穴を改善したい方へ

■たるみ毛穴ってなぜできるの?

 

鏡を良く見ると、毛穴が縦方向に広がっていて、毛穴がたるんで見える。。。

 

このようにたるんで見える毛穴の事をたるみ毛穴と呼ぶのですが、これは毛穴がたるんでいるというよりも、肌がたるんだ結果毛穴がたるんで見えるということです。

 

ですからこのたるみ毛穴を治すためには、肌のたるみをどうにかしなければいけません。

 

■肌のたるみってどうやれば治るの?

 

肌のたるみの治し方の前にまずは、肌がたるむ原因について解説します。

 

端的にいうと、「肌がたるむ原因は肌内部のコラーゲン量が減少するから」です。

 

コラーゲンは、肌内部の真皮部位で作られるたんぱく質で、肌を支える土台的な役割をしています。コラーゲンが多いと、肌が弾力を増し、肌がリフトアップされて、肌のたるみがなくなります。

 

コラーゲンが減少する原因はいろいろありますが、大きくは2つです。

 

1つは、紫外線がコラーゲンを破壊してしまう事。そしてもう一つは、年齢によりコラーゲンを作る能力が低下することです。

 

紫外線は、肌の角質層を突き抜け、内部のコラーゲンを破壊する性質を持っています。これを防ぐ簡単な方法は、日焼け止めクリームを塗ること。夏だけでなく、冬も日焼け止めをつける事で紫外線対策ができますので、紫外線対策をまずは習慣にしてしまいましょう。

 

年齢によりコラーゲンを作る能力が低下することは止めることができません。ですが、肌のコラーゲン生成力を補う成分を肌に与えたり、粒子が小さいコラーゲンを肌に与えたりすることで、肌内部のコラーゲン量を増やすことはできます。

 

最近では、肌のハリを増したり、コラーゲンに特化した基礎化粧品が販売されていますので、トライアルセット等を有効に活用することで、毛穴のたるみを改善できますので、積極的に活用してみてください。

 

【関連記事】

肌にハリを与える化粧水|人気ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■たるみ毛穴の原因とは
毛穴自体、本来は必要不可欠なものです。お肌を保護するために必要な皮脂を分泌してくれるからです。しかしながら、いろいろな原因が重なることで毛穴に関するコンプレックスを抱える人も少なくありません。たるみ毛穴の原因は、皮脂の分泌が過剰になっていることやニキビ跡、皮膚のたるみなどが主な原因だと考えられます。皮脂が過剰に分泌されるということはお肌が乾燥しているということでもあります。また、紫外線の影響もたるみ毛穴を引き起こす要因となっているため、紫外線にも十分配慮しなければいけません。
■年齢と共にたるみ毛穴は起こりやすい
残念ながらお肌のハリが失われることで、たるみ毛穴は起こりやすくなってしまいます。お肌のハリが失われる重力の影響を少なからず受けて下へ下へとさがってきてしまうとも言われています。すると毛穴もおのずと開いてしまいますから、たるんで目立ってしまうというわけです。
■角質層に潤いを与えてハリを取り戻そう
お肌の奥深くにはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といったお肌のハリを左右する成分が存在しています。その成分が減少することでハリを失っていますので、これらの成分を補ってあげることでハリを取り戻すことができます。保湿能力の高い基礎化粧品を使ってお手入れをしていくことで、お肌の潤いを取り戻しハリを維持することができます。合わせて、バランスのとれた食事も内側からのケアに一役買ってくれます。外側と内側のケアを同時に行うことが、たるみ毛穴以外の肌トラブルの予防と改善につながります。