加齢で肌のハリが気になる方へ

■加齢と共に衰えるお肌のハリ

 

加齢とともに肌のハリの衰えを感じる方が最近増えてきています。

 

年齢と共にお肌のハリがなくなりたるんでしまう理由の一つは、加齢とともにお肌の水分量が低下してしまうから。

 

お肌というよりも角質層の水分量が低下するために、ふっくら感がなくなってくることでお肌のハリが失われてしまうのです。

 

逆にいうと、角質層の水分量が十分備わっていれば、年齢に関係なくお肌にハリを与えることができるとも言えます。

 

■加齢でのハリの衰えをとめることはできるの?

 

人間は生まれた瞬間から老いが始まっています。

 

この老い自体は止めることはできません。

 

しかしながら、40代、50代になっても肌の美しさが失われない美魔女の方々を見ればわかるように、そのスピードをゆっくりにすることはできます。

 

加齢が原因でのハリの衰えも、ケア次第でゆっくりにすることは可能です。

 

■ハリをキープするのに大切なこととは?

 

肌がきれいなことで有名な女優の綾瀬はるかさん。誰もがあのハリのある毛穴レス肌に憧れると思います。

 

雑誌での彼女のインタビューの中で、彼女が気をつけているスキンケアについて書かれていました。

 

それが、自分の年齢や肌の状態にマッチした基礎化粧品を日々使うこと

 

彼女は、肌の状態に合わせて基礎化粧品を少しづつ変えているそうです。

 

肌は、日々変化していますから、前々から同じ基礎化粧品を使っている方は、見直すのも一つの手です。

 

特に肌のハリの衰えを実感している方は、今の状態の肌にあったものに化粧水を変えてみることをおすすめします。

 

■肌のハリをキープする基礎化粧品とは?

 

肌のハリの衰えを改善するためには、コラーゲン量を増やすケアが必要です。但し、ただ、「コラーゲンが入っています」という謳い文句の基礎化粧品はほとんど効き目がありません。

 

実はコラーゲンは肌に浸透しにくい成分として知られており、普通のコラーゲンは肌に浸透しません。

 

ですから、「浸透性コラーゲン」を配合しているか、「コラーゲンを作る力を高めるコラーゲンサポート成分」が配合されている基礎化粧品を選びましょう。

 

浸透性コラーゲン配合|ハリを取り戻す基礎化粧品はこちら