肌が固くなってきたと感じる方へ

■年齢肌の傾向

 

年齢肌の言われる世代に差し掛かると様々な弊害が生じます。

 

シミやしわ、たるみといった見た目に関わることの他、肌が固くなってしまう症状が現れます。それと同時に肌の黄ばみが目立ったり、黒ずんだ肌に変わったりというような変化も出てきます。

 

肌が酸化する・糖化するというような老化現象によるものがほとんどです。

 

■肌が固くなる原因

 

肌が固くなる原因は、先にも触れましたが、肌にサビが溜まる酸化というような症状やタンパク質の変性で起こる糖化の症状が原因です。

 

角質層にあるコラーゲンなどが固くなってしまうことで皮膚への変化が生じます。

 

また、肌の乾燥によっても肌表面が固くなることがあります。

 

肌が固くなると、毛穴が大きく見えるようになるほか、重力に慣れてしまい、皮膚のたるみが大きくなることも考えられます。これらの症状は、進行すると治らなくなりますので、早め早めのケアがとても大切になります。

 

■改善するには?

 

肌が固くなったと感じた時は一日も早くケアを始めましょう。

 

特に肌が酸化するのを防ぐために肌に直接抗酸化物質を補うことの他、糖化ケアをするためにコラーゲンやセラミドという皮膚を作るための成分を補うことが必要だと考えられています。

 

皮膚の酸化に効果があると考えられているアスタキサンチンや、糖化を防ぐためのコラーゲンやセラミドが配合されている化粧品を使うことをお勧めします。

 

肌に浸透しやすいナノ化(低分子化)されている物を使うことが吉ですよ。

 

肌の弾力に効く基礎化粧品はコチラ