肌の弾力をアップしたい方へ

30歳を超えるころになると、お肌の曲がり角もすぎて少しずつ肌の弾力が弱くなってきていることを感じる方も多いでしょう。

 

若い頃に使っていた化粧水では物足りなくなり、肌の弾力アップなど、エイジングケアのため次はどんな基礎化粧品を使おうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

 

■肌の弾力をアップするために必要なこと

 

肌の弾力は、肌内部のコラーゲン量と質に比例します。

 

肌の弾力の衰えを感じるのは、コラーゲンを作る量が減ったことと、古いコラーゲンが肌に残って固くなるなど質が劣化したためです。

 

肌の内部にコラーゲンを増やすことが肌の弾力をアップすることにそのままつながりますので、コラーゲンを増やすケアをしてください。

 

■コラーゲンを増やすためには?|肌の弾力をアップする方法

 

年齢を重ねると、コラーゲンをつくる能力が落ちますので、まずはこの能力を上げること。

 

一番良いのは、角質層の奥にある真皮層にアプローチする成分(ハリ成分)を配合した基礎化粧品を使うことです。

 

真皮の母細胞に働きかけてコラーゲンをつくる能力を高めましょう。

 

また、コラーゲンを配合した基礎化粧品も肌の弾力アップに有効ですが、この場合は、浸透性かどうかを確認すること。

 

コラーゲンは浸透しにくいので、ナノ化されているかどうかを確認してください。

 

現在の基礎化粧品の中には、コラーゲンを作る力を高めるものも存在しますので、そのような成分を配合してある化粧水を使うことも、ハリや弾力のUPに有効です。

 

肌のハリを高める化粧水|コラーゲンにアプローチするのはコレ