ファンデの毛穴落ちを改善したい方へ

■ファンデの毛穴落ちに悩む

 

ファンデを塗ったのに、むしろ毛穴が目立ってしまう!

 

時間をおいて鏡を見ると、毛穴にファンデが詰まっているような状態に・・・。そんな経験はありませんか?

 

これが、俗にいう「毛穴落ち」という状態です。毛穴が開いて、そこにファンデが入り込むことによって毛穴がさらに目立ってしまっている状態のことを言います。

 

キレイになるはずのメイクなのに、ファンデを塗って逆効果になるのは悲しいですよね。では、この毛穴落ちはどのように対策すべきなのでしょうか?

 

まずは原因から見てみましょう

 

■毛穴落ちの原因とは?

 

ファンデの毛穴落ちの原因はいくつかあります。

 

最も大きな原因が、お肌が乾燥して毛穴が広がってしまったこと。

 

特に深刻なのがセラミドが不足してしまった場合の肌。

 

セラミドは、角質層の隙間を見たし、肌のバリア機能を高める役割を持っていますが、セラミドが不足すると角質層の隙間が広がり、結果毛穴が広がってしまうのです。

 

通常より広がった毛穴は、当然ファンデも落ち込みやすくなり、毛穴落ちが発生してしまいます。

 

また、肌のハリが低下し肌がたるんでしまうことも、毛穴落ちの原因となります。

 

これはコラーゲン不足から来る肌トラブルですが、30代以降になると、コラーゲンの生成量が減少し肌の土台部分(真皮部位)のハリが低下します。

 

すると、今まで支えられていた表皮部位が重力でしたに垂れ下がってしまい、毛穴がしたに広がって毛穴落ちとなってしまうのです。

 

■毛穴落ち対策は?

 

毛穴落ち対策で有効なのは乾燥対策をしっかりやること。

 

今現在、毛穴落ちに悩んでいる方は、その基礎化粧品が肌の状態に合っていないので、まずは見直すことをおすすめします。

 

基礎化粧品は、毛穴落ちの原因であるセラミドやコラーゲン不足を補うことができるものを選ぶこと。

 

また、毛穴落ちの対策には肌の奥に潤いを届けることが大切なので、浸透力の高さも必要です。

 

本サイトでは、浸透力が高い保湿成分を配合した基礎化粧品をご紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。

 

肌のハリを増しふっくらさせる化粧水|毛穴落ち対策にはコレ

 

 

 

 

 

 

 

対策方法はいくつかあります。まずはメイクアップ用品を見直すこと。ファンデが悪いと思ってチェンジする方は多いですが、せっかくなら、一緒に下地を見直してみるのがおすすめ。下地を変えることで、改善したというケースは多いんですよ。そして、一番おすすめなのが「土台」から見直す方法。つまり、基礎化粧品の改善です。ファンデがうまく乗らないときや、毛穴落ちが目立つときは、やはり肌の状態があまりよくないとき。今使っている基礎化粧品が自分の年齢に合っているのか、冷静に考えなおすのが必要です。ある程度の年齢になると必要になってくるのが、エイジングケアの化粧品。年齢とともに毛穴が開き、ゆるんでしまうというのは多くの方に現れる現象です。これをカバーするためには、内側から水分をたっぷりと満たし、ハリを改善してリフトアップすることが有効。最近では、肌の根本を作る細胞からアプローチしてくれる商品もありますので、まずは試してみてはいかがでしょうか。