セラミド入りの化粧水でハリを

■セラミド配合の化粧水はここが違う

 

最近大手化粧品メーカーがこぞって使っている保湿成分のセラミド。

 

セラミド配合の化粧水を使う前にセラミドに関する理解を深めておきましょう

 

★セラミドの特徴とは?

 

その1:保湿力が高い

 

セラミドは数ある保湿成分の中で最も保湿力が高い成分です。その保湿力は、1gで水を6リットル保持するヒアルロン酸よりも上で、同じく保湿成分として有名なコラーゲンよりも上です。レシチンなど、セラミドに近い保湿力を持った成分はあるものの、セラミドを超えるクラスの保湿成分は現在のところ見つかっていません。

 

その2:刺激が全くなく安全

 

セラミドは、元々肌にある成分ですから、肌への刺激が全くなく安全な成分です。よく敏感肌向けの基礎化粧品にメインの保湿成分として使われているのはそのためです。アトピーなどの超敏感肌でも使えますから、普通の乾燥肌程度では全く刺激を感じることはありません。

 

★セラミドの効果とは?

 

セラミドを肌に取り入れることで様々な効果があります。

 

その一つがバリア機能の強化。

 

バリア機能というのは、紫外線や空気中の様々な物質からお肌を守る機能のこと。

 

セラミドを肌に与えると、肌の表面にある角質層間がセラミドで満たされ、角質層のキメを整えます。外部の刺激物質は、角質層の隙間を通って肌の内部に入り込みますから、セラミドによってその隙間がなくなると、刺激物質が肌に入り込めなくなるのです。

 

そのバリア機能のUPというのは、肌内部の水分を外に出さないという意味においても、大事なこと。

 

セラミドは、単純に肌の保水力を高めるだけでなく、肌を守る機能を高めることもできるのです。

 

セラミド配合化粧水|人気ランキング

 

■どんな種類のセラミドが良いの?

 

セラミドにはたくさんの種類があります。その中でも化粧品に含まれているのは、以下の4つです。

 

1.天然セラミド

 

天然セラミドとは、別名動物性セラミドとも呼ばれるセラミドですが、これは動物の脊髄などから作られるものです。保湿力が高いセラミドとして化粧品にも使われています。

 

2.ヒト型セラミド

 

人型セラミドは、天然酵母から作られるセラミドです。人の肌にあるセラミドと構造が似ていることから肌になじみやすく、保湿効果も高いです

 

3.植物性セラミド

 

植物性セラミドは植物由来成分で出来たセラミドです。保湿力は、天然セラミドや人型セラミドに比べると

 

4.合成セラミド

 

合成セラミドは化学原料から作られたセラミドです。製造費が安いことから、激安化粧水などに使われていますが、保湿力は他のセラミドと比較すると低いです。

 

【まとめ】

 

セラミド配合の化粧水なら、「天然セラミド」か「人型セラミド」のどちらかがオススメです。保湿力が高いのはもちろんのこと、人の肌になじみやすく、肌のバリア機能や保水力アップが期待できます。

 

当サイトでは、人型セラミド配合の基礎化粧品を以下のページでご紹介していますのでよければ参考にしてみてください。

 

肌のハリを取り戻したい方へ|人型セラミド配合化粧水はこちら

 

 

 

 

 

 

30を過ぎると、「ハリ」のケアに力を入れ始める女性が多いのではないでしょうか。ハリがあれば自然と若く見えますし、生き生きとして見えるものです。「最近疲れてる?」なんて聞かれるようになってしまったら、そのときが「ハリケア」のしどき。美白や保湿ケアなども大切ですが、タイミングを逃さずに「ハリ」のケアにも取り組みたいですね。食生活なども大切ですが、何よりポイントになるのが、基礎化粧品の見直しです。では、ハリに大切な美容成分って、どんなものかご存じでしょうか?有名な成分のひとつが、セラミド。このセラミドが配合された基礎化粧品も、少しずつ増えてきていますよね。セラミドは肌との親和性が高く、肌になじんで角層までうるおいをいきわたらせます。また、セラミドが肌に充分になじむことによって、その他の美容成分も肌に行き渡りやすくなるという効果もあります。基礎化粧品に入っている美容成分が浸透しやすくなる働きもあるんですよ。これまでは、なんとなく保湿ケアや美白ケアを行ってきたという方でも、年齢とともに、賢く肌ケアをしていくことがだんだん必要となっていきます。女性なら、いつまでも若く美しい肌を保ちたいと願うのは当然のことですよね。そして、基本のスキンケアは毎日のことですから、果たすべき役割も大きいです。肌の奥まで有効成分を届けて、内側から輝く肌になりたい。そんな風に願う方にとっては、セラミド配合の基礎化粧品は、きっと強い味方になるのではないでしょうか。